フードラインはちょっとクラシック...フェラーリ初の5ドア『プロサングエ』、最新情報を入手! | Spyder7(スパイダーセブン)

フードラインはちょっとクラシック...フェラーリ初の5ドア『プロサングエ』、最新情報を入手!

自動車 新車スクープ
フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真

フェラーリは現在、ブランド初となる5ドアFUV(フェラーリ・ユーティリティ・ビークル)、『プロサングエ』を開発中だが、そのプロトタイプを捉えるとともに、最新情報を入手した。

北ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、後部に直立した四角いカモフラージュを配置、まるで1961年パリ1000kmレースでクラス優勝した「250 GT SWB」を彷彿させる出で立ちで完全にガード。しかし後部にはこれまでで最大サイズのクワッドエキゾーストパイプを装備、最終コンポーネントに近づいている様子がうかがえる。

最新情報によると、ゼロから開発された新フロントミッドシッププラットフォームに乗り、エアサスペンション、全輪駆動、ハイブリッドパワートレインを備え、最終的にはポルシェ「パナメーラクロスツーリスモ」に近いボディシルエットが完成されるという。またフロントには、ノーズ横にスリムなLEDストリップを配置、フードラインは「365GTB/4デイトナクーペ」を彷彿させるような「ちょっとクラシック」なデザインが採用されると予想されている。

同社では、プロサングエは、セグメントで最もエキサイティングなSUVであり、ダブルクラッチオートトランスミッションを採用、「革新的なアクセシビリティと最先端の快適さ」が約束し、ハイブリッドセットアップ用の「最高出力と電気モーター」を搭載することを約束している。

予想されるパワートレインは、フェラーリ「296GTB」から流用されるV型6気筒ツインターボPHEVが有力視されているが、EV航続は大幅に向上。最高出力818ps、最大トルク740Nmを発揮、駆動方式は全輪駆動となるだろう。またV型12気筒エンジンを搭載したモデルも噂されており、こちらは1,000psオーバーが予想される。

プロサングエのワールドプレミアは2022年内に期待されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top