マツダ CX-3 新型試乗!小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人 | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ CX-3 新型試乗!小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人

自動車 ニューモデル
マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy
  • マツダ CX-3 XD Super Edgy

最新ライバル車にも見劣りしない走り

『CX-3』が最初に登場したのは2015年2月。実に7年も前、現行マツダ車のラインアップでも最古参の部類だ。ところが今回の試乗では、古株どころか、最新のライバル車と較べて考えても、いささかも見劣りしない走りっぷりに驚かされた。

乗り心地とハンドリングは、もはやここに極まれりといったところ。とくに乗り心地は、初期の頃にヒョコヒョコとボディが上下に揺さぶられたのが嘘のように、低速からヒタッ!と快適なフラットライドが実現されている。バウンド側にしなやかにストロークしてくれることで突き上げが上手くかわされるようになった印象だ。

装着タイヤは18インチ(TOYO PROXES R52A・215/50R18 92V)だが、この設計も新しいのか、サイドウォールのシナリも乗り心地のよさに貢献しているし、空気圧の設定(前:250/後:230kPa)もコンパクトな『CX-3』のボディに最適に思えた。

改めて感じたドライビングポジションのよさ

またリヤが踏ん張ってくれ、おなじみのエンジントルクを効果的に制御してくれるGベクタリングコントロールのおかげもあり、コーナリング時の安定感、スムースさも磨きがかかった。ステアリングフィール、操舵力も実に自然でいい。

試乗車は1.8リットルのディーゼルターボ(116馬力/27.5kgf・m)を搭載。このパワー&トルクフィールも扱いやすく、洗練されたマナーを実感する。音・振動も気にならなかった。

それと改めて感じたのはドライビングポジションのよさ。ステアリング、ペダル、シフトのリーチが本当に自然で、さらにシートもしっかりと身体を保持してくれる効果で、長距離でもまったく疲れを感じなかった。

小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」

最後になってしまったが、特別仕様車の「Super Edgy(スーパー・エッジー)」は、なかなかのハイセンスぶりだ。2トーンのボディ色もデザインに合っており、最初からこのクルマに設定されていたのでは?と思える自然さだし、よく見るとAピラーの付け根の“塗り分け”は、ピラー側のパネルの形どおりではなく、エンジンフードの延長線に合わせてあるなど、丁寧に作られている。

内装も質感が高く、今回、走りの快適性が格段にグレードアップしていたことからも、実は小さな高級車好みのレポーターの気持ちが大きく揺らいだほどだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

【マツダ CX-3 新型試乗】小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人

《島崎七生人@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top