MINI懐かしの3ドアクーペSAC『ペースマン』、11年ぶりEVで復活の可能性! | Spyder7(スパイダーセブン)

MINI懐かしの3ドアクーペSAC『ペースマン』、11年ぶりEVで復活の可能性!

自動車 新車スクープ
MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン
  • MINI ペースマン

MINI『Paceman』(ペースマン)が、フルエレクトリックモデルとして市場にカムバックする可能性が高いことがわかった。

ペースマンは、2011年のデトロイトモーターショーでワールドプレミアされ、2013年に発売されたクーペSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)で、初代ではクーパー、クーパーS、JCWをラインアップ、全輪駆動も設定された。

同ブランドは昨年、フルエレクトリックメーカーになる前の2025年に最後の燃焼式自動車を発売すると発表、すでに推進技術を採用するための移行を開始している。EV化の中には2つのエレクトリック・クロスオーバーが含まれているが、その1つが2016年に生産終了となったペースマンの復活だという。

英Car誌によると、2024年に全輪駆動で特注のEVプラットフォームを採用、「Paceman」のネームプレートを復活させる可能性があるという。またSpyder7の調べでは、60kWhのバッテリーを搭載、キャビン内には巨大なフローティング・ラウンドスクリーンを配置するなど、次世代のミニクーパーとインテリアのレイアウトを共有。ルーフラインは先代のイテレーションより荒っぽくなく、特大サイズのボディカラーグリルを装着すると予想している。

MINIブランドは、自動車業界の今後数年間の変化に対応すべく、2030年までに燃焼車とEVを併売する計画を持っている。バッテリー式自動車には多くのアドバンテージがあるのも事実だが、大きく重いためMINIのラインアップのようなコンパクトモデルには不利な点もある。それでも、テクノロジーの継続的改善より、MINIの移行は容易になっていくだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top