メルセデス新型EVクロスオーバー『EQE SUV』、完全フルヌードボディを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス新型EVクロスオーバー『EQE SUV』、完全フルヌードボディを激写!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQE SUV プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは2021年9月、『Eクラス』のEVバージョンとなる『EQE』を発表したが、そのクロスオーバーSUV版となる『EQE SUV』市販型のフルヌードボディを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが激写した。

衝突テストがおこなわれている、ドイツ・シュトゥットガルト近くにあるメルセデスベンツのテスト施設で捉えたプロトタイプは、オレンジ色と白いフロントバンパーから判断して、衝突テストカーの可能性が高い。フロントグリルには損傷が見られ、このプロトタイプがすでにいくつかの衝突テストセッションを行ったことを意味している。

エクステリアの特徴は、EQEセダンから継承するスイープバックヘッドライトとひとつなぎの密閉されたグリルだ。バンパーにはクロームアクセントで縁取られた大きな中央インテークを配置、外側にはフェークインテークを装備していることがわかる。

また空力的に最適化されたホイールと、Aピラー付近に「EQE」バッジが確認できるほか、フラッシュマウントされたドアハンドルなど、EQEセダンの意匠を受け継いだボディワークも見てとれる。後部では、控えめなルーフスポイラーの下に角張ったリアウィンドウ、全幅にわたるLEDストリップライトが配置されている。

インテリアもEQEセダンと共通の、MBUXハイパースクリーンを備えた近未来キャビンが期待できる。12.3インチのデジタルインストルメントクラスター、17.7インチのインフォテインメントシステム、および助手席用の12.3インチディスプレイで構成される。またフローティングセンターコンソール、タービンスタイルの通気孔、そして最小限の操作ボタンが備わるだろう。

パワートレインもEQEセダンと共有する可能性が高く、90kWhのバッテリーパックと最高出力293psを発揮するリアマウントの電気モーターが搭載されるだろう。EQEセダンではWLTPサイクルで最大410マイル(660km)の航続を誇るが、SUVでは若干の低下が考えられる。

さらに、最高出力476ps、最大トルク858Nmを発揮するデュアルモーター全輪駆動システムのAMG「EQE 43」、最高出力626ps、最大トルク950Nmを発揮するAMG「EQE 53」も期待されている。

EQE SUVは、2022年末までにアラバマ州タスカルーサで生産される予定となっている。

メルセデスベンツの新型EV『EQE』もSUVに…フルヌードボディを激写!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top