中指立てて挑発...爆売れした起亜SUV『セルトス』改良新型、初のPHEV設定か! | Spyder7(スパイダーセブン)

中指立てて挑発...爆売れした起亜SUV『セルトス』改良新型、初のPHEV設定か!

自動車 新車スクープ
起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 セトルス 改良新型プロトタイプ スクープ写真

起亜のコンパクト・クロスオーバーSUV、『セルトス』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

初代となる現行型は、同ブランドにおいて「ストニック」と「スポーテージ」の間を埋めるべく2019年に発売。韓国ではSUVとして最速となる発売後5ヶ月で国内累計販売台数3万台を突破したほか、2021年10月には米国市場で最も売れた車に選出されている。

豪雪のスカンジナビアで捉えたプロトタイプは、フルモデルチェンジレベルに厳重にカモフラージュ。撮影中、助手席と後部座席の男性に中指を立ててカメラマンを挑発したが、無事撮影に成功した。

フロントエンドでは、2つの異なるセクションに分割されなくなった新グリルを採用、ヘッドライトとフロントバンパーは刷新されている可能性が高い。後部では、新設計の逆L字型テールライトの一部が露出しているほか、リフレクターがテールライト下からバンパーへ移動されている様子もうかがえる。

內部の写真は撮れなかったが、ダッシュボードだけでなくドアパネルまでカモフラージュがされていたといい、インテリアのアップデートは確実にされるだろう。おそらく、新設計されたステアリングホイール、スイッチギア、アップグレードされたインフォテインメントシステムなどが期待できるはずだ。

パワートレインは、最高出力148ps、最大トルク179Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒エンジン、及び最高出力177ps、最大トルク264Nmを発揮する1.6リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンなどがキャリーオーバーされる可能性が高い。注目は、ニロから供給される可能性がある、1.6リットルエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドシステムで、搭載されれば最高出力は141psを発揮する。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top