高級感がすごい...10年ぶりフルチェンの『マツダ6』を大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

高級感がすごい...10年ぶりフルチェンの『マツダ6』を大予想!

自動車 新車スクープ
マツダ6 次期型 予想CG
  • マツダ6 次期型 予想CG
  • マツダ6 次期型 予想CG
  • マツダ6 次期型 予想CG
  • マツダ6
  • マツダ6
  • マツダ6

マツダは先日、ブランド初となるPHEVクロスオーバーSUV『CX-60』を発表したばかりだが、今年デビュー予定のフラッグシップセダン、「マツダ6」最新予想CGを入手した。

画像を提供してくれたのはCGデザイナーの「@Sugardesign_1」だ。注目はフロントエンドで、スリムでシャープなヘッドライト、五角形グリル、コーナーエアインテークを含むバンパーなどを「CX-60」新型から流用、見事にセダンと融合し、高級感が一気にアップした感がある。

さらに側面でもフェンダー後部のガーニッシュや、大径ホイールもCX-60から流用しているが、BMWホフマイスターキンクを彷彿させるリアクォーターウィンドウの処理、Dピラーデザインなどからは独自の高級感が感じられる。

マツダは2021年6月17日、2022年から2025年までにハイブリッドとプラグインハイブリッドを各5車種、EV3車種の世界市場投入を発表。さらに2025年以降、独自のEVプラットフォームとして「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」を導入すること、2022年にはクロスオーバーSUV『CX-5』と、マツダ6次期型を投入することが発表された。

また縦置き直列6気筒エンジンを搭載するFRプラットフォーム「Largeアーキテクチャ」に48Vマイルドハイブリッドが組み合わされこともアナウンスしており、これがマツダ6次期型、及びCX-5後継モデルに搭載されると予想される。

マツダ6次期型のパワートレインは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ「SKYACTIV-X」+48Vマイルドハイブリッド、3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボ「SKYACTIV-D」+48Vマイルドハイブリッドなどが予想され、初のプラグインハイブリッドなど電動化に特化するモデルとなる。

マツダ6次期型のワールドプレミアは、2022年後半となるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top