シトロエンの新フラッグシップ『C5 X』、2022年内に日本市場に導入へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

シトロエンの新フラッグシップ『C5 X』、2022年内に日本市場に導入へ!

自動車 ニューモデル
シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X
  • シトロエンC5 X

ステランティスジャパン株式会社は3月1日に、会社発足にあたっての記者会見を開催した。その場で傘下8ブランドの電動車導入計画が発表され、シトロエンからは2022年内に『C5 X』のPHEVが追加される予定が明らかにされた。

日本での発売は5月を予定している。C5 Xは、本国フランスで2021年9月に受注を開始したサルーン。ステーションワゴンとSUVとのクロスオーバスタイルで、シトロエンのトップ・オブ・ザ・レインジとなる。

ステランティスジャパンは、ステランテイスの日本における輸入販売子会社であるグループPSAジャパンとFCAジャパンが、2022年3月1日付で両社の事業を統合し発足した会社だ。日本市場におけるプジョー、シトロエン、DSオートモビル(以上グループPSAジャパン)、アバルト、アルファロメオ、フィアット、フィアットプロフェッショナル、ジープ(以上FCAジャパン)の事業を一つに統合した。

統合時点で、8ブランドを通じて日本市場に36モデル95バリエーションを提供している。これらのうち電動車はPHEV(プラグインハイブリッド車)の6モデルとBEV(バッテリー電気自動車)の4モデルの、都合10モデル。2022年は新たにBEVを1モデルとPHEVを7モデル、ジープ、プジョー、シトロエン、フィアット、DSオートモビルから導入し、年内に19モデルの電動車ラインアップをそろえる。

グループPSAジャパンからステランティスジャパンに統合されたシトロエンが日本市場で展開している電動車は、PHEVの『C5エアクロスSUV』と、BEVの『E-C4エレクトリック』。3月1日の会見では、2022年内にC5 XのPHEVが追加されることが発表された。C5 Xには内燃機関(1.6Lガソリン車)も設定されており、合わせて導入される。

東京都内で開催された会見の会場には傘下8ブランドの新型車が展示され、シトロエンからは「C4」が展示された。

シトロエンの新フラッグシップ、『C5 X』を日本市場に導入 2022年内

《高木啓@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top