豪華絢爛...マイバッハ初SUV『GLS』、初の大幅改良へ...初期プロトタイプをスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

豪華絢爛...マイバッハ初SUV『GLS』、初の大幅改良へ...初期プロトタイプをスクープ!

自動車 新車スクープ
メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス マイバッハ GLS 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツのハイエンドブランド、「マイバッハ」初のクロスオーバーSUVとして注目を集めた『マイバッハGLS』改良新型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

マイバッハGLSは車名の通りメルセデスベンツ「GLS」をベースに開発、2019年11月の広州モーターショーでワールドプレミアされたばかりのニューモデルだが、早くも改良新型に着手している。

プロトタイプのフロントエンドでは、グリルサラウンド上部に黒いテープが貼られているだけだが、グリルをはじめ給気口、バンパー、ヘッドライトのグラフィックが刷新されるはずだ。

側面では、Dピラーのマイバッハバッジが外され、テールゲート、ヘッドライト周辺をカモフラージュ。テールライトをよく見ると、現行型には無い、新しい白いセクションが確認できる。改良新型では、テールライトのアウトラインは継承される可能性が高いが、内部をアップデートし、欧州市場と北米向けに異なるテールライトが備えられる。

キャビン内では、Sクラス新型の後を追い、最新のMBUXを備える巨大なタッチスクリーンを配置、センターコンソールも完全に新設計されると予想される。また究極の静粛性や居住性を追求し、後席にもマッサージ機能付きリクライニングシートを装備、オプションでは後部を2シートにし、折りたたみ式テーブル、シャンパンボトル用冷蔵庫を完備するなど、豪華絢爛な装備は引き続き提供される。

現行型パワートレインは、最高出力550ps、最大トルク729Nmを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、EQブーストにより21psパワーが上昇する。0-100km/h加速は4.8秒、最高速度は北米で209km/h、欧州で250km/hに制限されている。おそらく、キャリーオーバーされるとみられるが、電動化などのアップデートがなされる可能性もありそうだ。

マイバッハGLS改良新型のデビューだが、開発初期と思われるため、2023年後半以降となるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top