フォードのコンパクトSUV『クーガ』、改良新型で鋭い顔つきに変身! | Spyder7(スパイダーセブン)

フォードのコンパクトSUV『クーガ』、改良新型で鋭い顔つきに変身!

自動車 新車スクープ
フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型プロトタイプ スクープ写真

フォードが販売するコンパクト・クロスオーバーSUV、『クーガ』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

2016年までは日本市場でも販売されており、馴染みのあるモデルだったクーガは、2019年に現行型を発売。これが第3世代にとって初の大幅改良となる。

ニュルブルクリンク付近の公道で撮影したプロトタイプは、フロントエンドが完全に新設計されており、スリムでアグレッシブなヘッドライト、低いボンネットライン、フォードのロゴが組み込まれた大型グリル、さまざまのエアインテークなどが見てとれる。

後部では、LEDテールライトが同じ形状であることがわかるが、內部グラフィックが刷新されているほか、バンパーをリフレッシュし、円形のエキゾーストパイプを装備している。

キャビン内では、改良されたフォード「フォーカス」の後を追い、SYNC4インフォテインメント用の大きな13.2インチのタッチスクリーンを配置、デジタルスクリーンインストルメントクラスターのアップデートされたグラフィック、および新しいトリムオプションが提供されるだろう。

現行型クーガでは、すでにマイルドハイブリッド、フルハイブリッド、プラグインハイブリッドなど様々な電動パワートレインがラインアップされており、エンジンの大きな変動はなさそうだ。

フォード クーガ改良新型のデビューは、早ければ2022年内に行われる可能性があるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top