その名は「稲妻」...マセラティ新EVシリーズ、SUV『グレカーレ』にも採用! | Spyder7(スパイダーセブン)

その名は「稲妻」...マセラティ新EVシリーズ、SUV『グレカーレ』にも採用!

自動車 新車スクープ
マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ フォルゴーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真

マセラティは3月22日、新型クロスオーバーSUV『グレカーレ』を発表したばかりだが、派生エレクトリックモデルとなる「グレカーレ フォルゴーレ」市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

イタリア語で「稲妻」を意味する「Folgore」(フォルゴーレ)は、マセラティの電動化モデルシリーズに与えられた名称だ。先日は2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」新型に設定されることが発表されたが、今後は同社のすべてのモデルに設定されていくことになる。

その2台のEVデュオ(グラントゥーリズモ&グレカーレ)をヨーロッパで同時撮影に成功した。プロトタイプは完全にカモフラージュされているが、ICEモデルと同じスタイルが確認できることからも、専用のEVプラットフォームに乗らないことがわかる。親会社のステランティスは、現在エレクトリックモデル用にいくつかの特注アーキテクチャを開発中だが、フォルゴーレブランドのクロスオーバーは、アルファロメオ「ステルヴィオ」と共有する「ジョルジオ」プラットフォームを大幅に改良し採用する。

プロトタイプのフロントエンドには、「トライデント」の付いた開口部の少ないグリルを装備、後部にはエキゾーストパイプは見当たらない。またICEモデルと比較して地面に低い位置にあることがわかり、後部ディフューザーの下のバッテリーパックを保護する、余分なプラスチックカバーにより強調されている。

市販型では、デュアル電気モーターを搭載。全輪駆動を採用し、充電時間を大幅に短縮するために800Vのテクノロジーが採用される予定だ。最高出力は不明だが、グラントゥーリズモでは1,200psとも噂されており、グレカーレでもかなりのパワーが期待できるだろう。

グレカーレ フォルゴーレ市販型のデビューは2023年以降となる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top