M3から心臓部を移植...BMW『M2』新型、新デザインのキドニーグリルで差別化か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

M3から心臓部を移植...BMW『M2』新型、新デザインのキドニーグリルで差別化か!?

自動車 新車スクープ
BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ プロトタイプ(スクープ写真)

BMWのコンパクト2ドアクーペ『2シリーズ』の頂点に君臨する最強モデル、『M2クーペ』新型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

BMWは、今後多数の新型「M」モデルを導入予定だが、中でも新世代のM2クーペは、2022年に登場予定のガソリンエンジン車で最も期待されるプレミアムモデルの1台とされている。

捉えたプロトタイプは、フロントエンドのカモフラージュがかなり削ぎ落とされ、フィンを備えるスクエアの大型エアインテークや、シームレスに統合されたいくつかの給気口が配置されているのがわかる。キドニーグリルは未完成のようだが、最新情報によると、M2エンブレムが付けられる垂直スリットを配置。現行型より角張ったデザインが採用され、通常の2シリーズと差別化されるという。

また「M240i」では、フロントフェンダーとリアフェンダーの幅が広くなっているが、M2ではよりワイド化される。そのほかの変更では、ブラック仕上げの19インチマルチスポイラーホイールを標準装備、トランクリッドスポイラー、より際立つディフューザー、円形クワッドエキゾーストパイプが確認できる。

キャビン内では、「iDrvie8」を搭載するデジタルインストルメントクラスターと、インフォテインメントタッチスクリーンを収める湾曲した1面ガラスパネルが配置される。「M2コンペティション」では、カーボンファイバーバケットシートが採用予定だ。

パワートレインは、『M3セダン』や『M4クーペ』の3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンのデチューンバージョンを搭載。最高出力は410ps~420ps、M2コンペティションでは450ps~470psを発揮し、6速マニュアル、または8速オートギアボックスと組み合わされる。駆動方式は、後輪駆動となることはほぼ確定だが、全輪駆動の「M xDrive」が提供されるか注目だ。

M2クーペ新型は2022年12月から生産が開始される予定で、今後数か月以内に公式プレミアが行われると思われる。

新型のグリルはフツーと違う!? BMW M2クーペ、発表間近プロト車両を目撃

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top