BMW 3シリーズ警察車両も大幅改良へ...内部にはオペレーティングシステム8搭載! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 3シリーズ警察車両も大幅改良へ...内部にはオペレーティングシステム8搭載!

自動車 新車スクープ
BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 改良新型 ポリスカー プロトタイプ スクープ写真

BMWは現在、主力『3シリーズ』改良新型を開発中だが、その警察車両をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

3シリーズ改良新型は、アルピナバージョンをはじめ、オプションのMパフォーマンスパーツを備えるセダン、ツーリングを開発中だが、ドイツ警察も長年のサプライヤーであるため、当然その後を追う。

同ブランドでは、中国専売となる3シリーズのフルエレクトリック版「i3」を発表したばかりで、改良新型はそれに基づいた改良がなされる可能性が高い。

捉えたプロトタイプは、新しいLEDヘッドライトのセットアップ、わずかに変更されたキドニーグリル、新設計されたフロント&リアバンパーを装備。ボディはホワイトをベースにブルーとイエローのグラフィックで塗装、ルーフはライトバー、サイレンで武装している。キャビン内では市販バージョン同様にBMW「オペレーティングシステム8」を搭載する最新のデジタルコックピットが採用されるはずだ。

市販バージョンのパワートレインは、直列3気筒、直列4気筒ガソリン及びディーゼルエンジンのほとんどがキャリーオーバーされ、それらすべてが48Vマイルドハイブリッドと組み合される。ただし、ポリスカーバージョンでは、犯罪者を追うためサスペンションがハードに設定されるほか、パワーが若干強化されると予想される。

3シリーズ改良新型のデビューは今後数日の可能性もありそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top