公式発表前に前後デザインをプレビュー...これがBMW7シリーズ次世代型だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

公式発表前に前後デザインをプレビュー...これがBMW7シリーズ次世代型だ!

自動車 新車スクープ
BMW 7シリーズ 次世代型 予想CG
  • BMW 7シリーズ 次世代型 予想CG
  • BMW 7シリーズ 次世代型 予想CG
  • BMW 7シリーズ 次世代型 予想CG
  • BMW 7シリーズ 次世代型 ティザーイメージ
  • BMW 7シリーズ 次世代型 ティザーイメージ
  • BMW 7シリーズ 次世代型 ティザーイメージ
  • BMW 7シリーズ 次世代型 ティザーイメージ
  • BMW 7シリーズ 次世代型 ティザーイメージ

BMWが公式発表直前と見られるフラッグシップ4ドアセダン、『7シリーズ』次世代型のエクステリアデザインを最速プレビューした。

7シリーズ次世代型は、これまで何度もプロトタイプをキャッチしているほか、公式リークもされており、それらをベースに制作、かなり正確なCGとして完成していると見ていいはずだ。

フロントエンドでの注目は、なんといっても上下2段のスプリットヘッドライトの採用だろう。上部LEDストライプはデイタイムランニングライトとインジケーターの組み合わせとして機能し、下部はメインヘッドライトユニットの可能性が高い。

後部では、コンパクトで上品なトランクリッドスポイラー、スリムなL字がたテールライト、実用性の高められたトランク開口部、高級感のあるメッキデュアルエキゾーストシステムなどが確認できる。

キャビン内のティザーイメージでは、BMWシアタースクリーンを搭載していることが確認できる。これは後部座席にある、乗客用の31インチ超ワイドスクリーン(32 : 9フォーマット)で、外出先でプライベートシネマラウンジを提供してくれる。ライバルのメルセデスベンツはEQSに56インチのハイパースクリーンをダッシュボードに配置、ドライバーと助手席へのエンターテインメントを約束してくれるが、BMWでは後部シートの乗客に焦点を当てていることも興味深い。

パワートレインは、最高出力275psと375psをを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジン、よりパワーを必要とする顧客には最高出力545ps、及び635psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンがラインアップされるという。またプラグインハイブリッドでは、最高出力400ps、500ps、650psを発揮する3つのグレードが用意されると言う。

一方i7のEV仕様に関する情報だが、1回の充電で最大700km(435マイル)の航続を可能にする120kWhの大容量バッテリーパックが搭載される可能性があり、噂によると、最高出力750psを発揮する3モーター駆動列を備えた高性能バージョンも設定される可能性があるという。

7シリーズ次世代型、および史上初のフルエレクトリック「i7」のデビューは、最速で4月20日と噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top