デロリアン新型EV、8月18日ペブルビーチで初公開へ...ガルウィングは健在 | Spyder7(スパイダーセブン)

デロリアン新型EV、8月18日ペブルビーチで初公開へ...ガルウィングは健在

自動車 新車スクープ
デロリアン 次世代 EV ティザーイメージ
  • デロリアン 次世代 EV ティザーイメージ
  • デロリアン 次世代 EV ティザーイメージ
  • デロリアン 次世代 EV ティザーイメージ
  • デロリアンDMC-12

デロリアンは、次世代EVコンセプトを8月18日に開催される「ペブルビーチコンクールデレガンス」で発表すること正式にアナウンスした。

デロリアン(DMC)社は、1975年に当時GM副社長ジョン・デロリアン氏が独立、理想の車を目指し設立した。そして1981年、イタルデザインとロータス・カーズの協力により「DMC-12」が誕生している。その後世界的大ヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にタイムマシンベースカーとして登場、その存在を世界に知らしめた。

これまで公開されたティザーイメージからは、ガルウィングドアを備え、Vエンブレムを備えたダイナミックなシルエットを確認、1980年代初頭の象徴的「DMC-12」最新バージョンのようなインパクトを持っている。

市販型はイタルデザインにより設計、ハッシュタグによりフルエレクトリックモデルであることがわかっている。しかし価格と入手可能性などについては何も発表されておらず、限定生産もモデルになることが予想されている。

また「Williams Advanced Engineering」と提携してEVXモジュラープラットフォームを開発、EVスペックは、最高出力1,360psを発揮、航続は1,000km(621マイル)の動力性能を誇る。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

page top