【動画】BMW7シリーズ次期型、ガソリンモデル走行テストを動画撮影成功! | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】BMW7シリーズ次期型、ガソリンモデル走行テストを動画撮影成功!

自動車 新車スクープ
BMW 7シリーズ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 7シリーズ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 7シリーズ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 7シリーズ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 7シリーズ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 7シリーズ次期型 プロトタイプ スクープ写真

BMWフラッグシップセダン『7シリーズ』次期型は、フルエレクトリック『i7』は初めて設定されるが、その基本となるガソリンモデルをビデオが捉えた。

ミュンヘンで捉えたプロトタイプは、バンパー前後を覆っているプラスチックパネルとむき出しにし、大まかなデザインが確認できる。ヘッドライトは話題の上下二段スプリットタイプを採用、上部LEDストライプはデイタイムランニングライトとインジケーターの組み合わせとして機能し、下部はメインヘッドライトユニットの可能性が高い。

動画では、最高級セダンらしくボディの長さが目立つが、運転席よりも後部座席の快適さに重点がおかれる「ショーファードリブン」仕様のサスペンション可動もみられる。

市販型では、『iNEXT』や『i5』を支えるアーキテクチャに共通する新設計のプラットフォームを採用し、プラグインハイブリッドを含む幅広いパワートレインを提供する。予想されるラインアップは、最高出力275psと375psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジン、よりパワーを必要とする顧客には最高出力545ps、及び635psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンがラインアップされるという。またプラグインハイブリッドでは、最高出力400ps、500ps、650psを発揮する3つのグレードが用意されると言う。

BMWはすでに7シリーズ次世代型に、1986年に発売された「E32型」以降継承されていた伝統のV型12気筒を設定しないことを発表、次世代型では、650psを発揮する「i7 M60」へ移行することになるだろう。i7 M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による後続は400マイル(644km)を超えると思われる。

7シリーズ次期型のワールドプレミアは、最速で4月20日と予想されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top