メルセデスベンツAクラスファミリー大刷新...AMG「A35」、パナメリカーナグリルで迫力マシマシ! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツAクラスファミリー大刷新...AMG「A35」、パナメリカーナグリルで迫力マシマシ!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG A35 次期型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツは現在、エントリーモデル『Aクラス』改良新型に着手しているが、その高性能モデルとなるAMG『A35』ハッチバック&セダンを同時スクープに成功した。

捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュ。ベースモデルは新しいメッシュグリルを採用するが、AMG―バージョンは揃ってブランドの象徴「パナメリカーナグリル」を装備、迫力が大幅にアップするとみられる。またLEDデイタイムランニングライトを含むヘッドライトとLEDテールライトのグラフィックが刷新されるほか、エアインテーク形状やバンパーも新設計される。

內部では、ブランド最新のMBUXインフォテインメントソフトウェアに対応するようにアップデートされたセンターコンソールとインストルメントパネルを搭載する。

現行型A35のパワートレインは、2.0リットル直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジンを搭載、7速DCTと組み合され、最高出力306psを発揮するが、改良新型で性能アップされるかは不明だ。

AMG A35改良新型のワールドプレミアは、2022年内と思われる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top