4月19日世界デビューへ!メルセデス電気フラッグシップSUV「EQS SUV」、高級感漂うボディシルエット公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

4月19日世界デビューへ!メルセデス電気フラッグシップSUV「EQS SUV」、高級感漂うボディシルエット公開

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ EQS SUV ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ EQS SUV ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツが開発を進める、新型のゼロエミッション・フラッグシップSUV、『EQS SUV』市販型のティザーイメージが公式リリースされた。

EQS SUVは、同ブランドのEV専用アーキテクチャに乗る3番目の新型フルエレクトリックモデルであるとともに、4番目の電気クロスオーバーとして誕生する。

市販型では、その名の通り「EQSセダン」のユーティリティバージョンと考えていいだろう。すでにキャビン内の画像が先行公開されているが、「直感的なデジタルコントロール」と「革新的なトリム要素」を融合させ、「前衛的な雰囲気」を生み出すと発表されており、オプションで7シーターが提供される。

公開されたティザーイメージでは、高級感漂う優雅なボディシルエットが見てとれる。ディテールは不明だが、メルセデス・マイバッハ「EQS SUV」コンセプトから多くのデザイン要素を流用する可能性が高いことがわかっている。

スペックは明かされていないが、さまざまなバッテリーバリエーションが提供されると予想され、最大107.8kWhバッテリーではセダンの479マイル(766km)に迫る航続も期待できるという。

EQA、EQB、EQCに続く第4のエレクトリックSUVは、現在開発中のミッドサイズSUV「EQE SUV」とともに米国タスカルーサ工場で組み立てられる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top