『Gクラス』初の大幅改良でどう進化する? デザインの変更、MBUXの搭載は | Spyder7(スパイダーセブン)

『Gクラス』初の大幅改良でどう進化する? デザインの変更、MBUXの搭載は

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ G クラス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツの人気オフローダー『Gクラス』が現行世代初の大幅改良を迎える。改良新型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが鮮明に捉えた。

初代Gクラスは1979年に発売。過去40年間ほぼ変わらぬエクステリアデザインをキープしながら進化し続けている。2018年には実に28年ぶりのフルモデルチェンジを敢行しており、これが現行「W463」型として初の大幅改良となる。

前回は夜間の撮影だったが、今回は白昼のためより鮮明にその姿を見ることができた。同時にいくつかの違いも浮き彫りになった。グリルの水平スラットから判断すると「AMG G63」ではなく、下位の「G550」である可能性が高い。またコーナーエアインテークのサイズが異なっているほか、ボンネットフードは中央の隆起部分が排除されているように見える。

側面ではフェンダーフレアの角度が鋭角になっており、サイドマウントエキゾーストパイプがないことも「AMG G63」でないことを証明している。後部ではLEDテールライトとバンパーが新設計されると予想される。

キャビン内では、ついに最新のMBUXインフォテインメントシステムを手に入れる。意外だが、GクラスはMBUXを持たないブランド唯一のモデルなのだ。また『Sクラス』、『Cクラス』、そして『SL』同様に巨大なタッチスクリーンを配置し、センターコンソールも完全に新設計されると噂されている。

ラインアップは、3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボエンジンの「G350d」、4.0リツトルV型8気筒ガソリンターボエンジンのG550、同エンジンを最高出力585psまで高めたAMG G63となる。

メルセデスベンツでは、Gクラスファミリーの拡大を計画しており、「4x4スクエアード」の後継モデル、フルエレクトリックバージョンの『EQG』などの発売も期待される。EQGでは、107.8kWのバッテリーを積み、デュアルモーターパワートレイン、全輪駆動を提供する。

《Spyder7編集部@レスポンス》
page top