BMW風DLR装備...フォード小型SUV『クーガ/エスケープ』改良新型は大変身する! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW風DLR装備...フォード小型SUV『クーガ/エスケープ』改良新型は大変身する!

自動車 新車スクープ
フォード クーガ 改良新型 予想CG
  • フォード クーガ 改良新型 予想CG
  • フォード クーガ 改良新型 予想CG
  • フォード クーガ 改良新型 予想CG
  • フォード クーガ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード クーガ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

フォードは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV『クーガ/エスケープ』改良新型を開発中だが、その予想CGを入手した。

2016年までは日本市場でも販売されており、馴染みのあるモデルだったクーガは、2019年に現行型を発売。これが第3世代にとって初の大幅改良となる。

KOLESA.RUから協力を得た予想CGでは、プロトタイプで隠されていたフロントエンドを完全にプレビュー。ヘッドライトにはBMW風のLEDデイタイムランニングライトを配置、それと組み合わされるように刷新されたパターンワイトグリルが装備されている。また縦基調のコーナーエアインテーク、スリムな下部給気口などが見てとれる。

後部ではスパイショットでもみられた、內部グラフィックが改良されたLEDテールライトを装着、市販型では、ホイールデザインやボディカラーに新しい選択肢が容易される可能性もありそうだ。

キャビン内も大きな進化を見せる。センターコンソールに大きなタブレットスタイルのディスプレイを配置した新しいインフォテインメントシステムを搭載するという。

現行型クーガでは、すでにマイルドハイブリッド、フルハイブリッド、プラグインハイブリッドなど様々な電動パワートレインがラインアップされており、エンジンの大きな変動はなさそうだ。

米国でエスケープは、フォードで2番目に売れているクロスオーバーSUVで、「エクスプローラー」の次に人気を博している。フォード クーガ/エスケープ改良新型のデビューは、早ければ2022年内に行われる可能性があるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top