スズキのインド最量販MPV...『エルティガ』改良新型、ティザーイメージを公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

スズキのインド最量販MPV...『エルティガ』改良新型、ティザーイメージを公開!

自動車 ニューモデル
スズキ・エルティガ 改良新型のティザー写真
  • スズキ・エルティガ 改良新型のティザー写真
  • スズキ・エルティガ 現行型(参考)
  • スズキ・エルティガ 現行型(参考)

スズキのインド子会社のマルチスズキは4月7日、改良新型『エルティガ』(Suzuki Ertiga)のティザー写真を公開した。インド最量販MPVの現行型が、初の大幅改良を行う。

エルティガは、3列シートの7人乗りミニバンだ。2012年からインドで生産と販売を開始した。コンパクトな車体ながら、広い室内空間と居住性、取り回しの良さを備えており、世界70以上の国と地域で販売されている。2世代目となる現行エルティガには、新プラットフォームの「ハーテクト」(HEARTECT)を採用した。全長を130mm延長したことにより、広い室内空間と荷室スペースを実現している。

改良新型エルティガには、スマートハイブリッドテクノロジーを採用した新世代Kシリーズの1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。トランスミッションは、パドルシフト付きの6速ATを組み合わせた。マルチスズキによると、燃費性能をさらに引き上げているという。

インテリアには、コネクテッドカーテクノロジーとして、最新の「スズキコネクト」と7インチの「SmartPlay Pro」タッチスクリーンインフォテインメントシステムを採用している。

スズキのインド最量販MPV、 『エルティガ』に改良新型…ティザー

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top