トップレンジにはBMW X5Mパワートレイン移植...レンジローバースポーツ次期型、最新プロトタイプはここまで見える! | Spyder7(スパイダーセブン)

トップレンジにはBMW X5Mパワートレイン移植...レンジローバースポーツ次期型、最新プロトタイプはここまで見える!

自動車 新車スクープ
ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ スクープ写真

ランドローバーのパフォーマンス・クロスオーバークーペSUV、『レンジローバースポーツ』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ランドローバーは2021年10月、最高級クロスオーバーSUV『レンジローバー』新型を発表したが、その約1年後にレンジローバースポーツ新型が登場することになる。

捉えたプロトタイプは、レンジローバー新型と比較して明らかに短いオーバーハングを持っている。またフロントエンドには、2つの水平基調のワイドエアインテークと、両サイドに垂直の給気口を装備。目立ったフロントリップと「フローティング」フォグランプのように見えるものを備えている。

ほかでは、スリムに進化したヘッドライトとグリル、丸みを帯びたフード、ボディのシルエットが確認できる。また側面ではフロントフェンダーベント、パワーリトラクタブルドアハンドル、際立つショルダーライン、分厚いサイドスカートなど、レンジローバーと大きく差別化されている様子が伺える。

後部ではスリムでワイドなLEDテールライト、傾斜したリアウィンドウが見てとれるほか、ナンバープレートの装着位置はリフトゲートからリアバンパーに移動されている。さらに前回はなかったデュアルエキゾーストパイプがインストールされていることからも、内燃機関モデルと思われる。

市販型ではベースモデルとなるレンジローバーを支える「MLA-Flex」アーキテクチャを流用、新しいプラットフォームは、より多くの電化を可能にし、剛性の向上により車両の道路挙動を改善するという。

パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドや、最高出力400ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンをラインアップ。注目は、より強力なプラグインハイブリッド「SVR」で、BMW「X5M」から4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを移植、電動化され、最高出力は615psを発揮、0-100km/h加速は4.0秒のパフォーマンスが期待できる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top