サテンシルバーグリル鮮やかに...ポルシェ マカンの兄弟モデル、これがアウディ『Q6 e-tron』だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

サテンシルバーグリル鮮やかに...ポルシェ マカンの兄弟モデル、これがアウディ『Q6 e-tron』だ!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

アウディが開発中の新型フルエレクトリック・クロスオーバーSUV、『Q6 e-tron』市販型のフロントエンドが完全露出。そのディティールが初めて見えた。

同社のスウェーデン開発センター内で、スクープサイト「Spyder7」が捉えたプロトタイプは、フロントのカバーがめくられ市販型デザインが初めて露出している。

そこには、黒いアウディバッジの下にフロントカメラを備えた、クローズド状態のサテンシルバーグリルが確認できる。またその両サイドには噂の上下二分割ヘッドライトを配置、角度のある下部バンパー開口部には、さまざまな運転支援システム用センサーが収納されている。またコーナーにはフィンを備えるフェイクのエアベントも確認できる。

Q6 e-tronは「PPE」アーキテクチャを採用。次期アウディ『A6 e-tronセダン』および新世代のポルシェ『マカンEV』と共有する。ボディサイズはICE搭載の『Q5』に近いサイズとなるが、PPEが提供するスマートなパッケージングのおかげで、車内は1クラス上の『Q7』と同等レベルになると予想されている。

EVスペックは、シングルモーターとデュアルモーターバージョンを用意し、システム合計476psを発揮すると予想されている。さらに最高出力600ps、最大トルク830Nmを叩き出す最強モデル「Q6 e-tron RS」も噂されている。

Q6 e-tronの発売は2023年を予定しており、昨年4月に発売された『Q4 e-tron』の上位モデルとして2022年内にはワールドプレミアが行われるだろう。同社は2025年までに20台のEVを提供することを計画しており、Q6 e-tronはその1台となる。

アウディ『Q6 e-tron』のグリル&ヘッドライトを完全捕捉!これが新世代デザインだ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top