遊び尽くせるフォードのMPV...『トルネオ コネクト』初の電動化へ...VWゴルフ「eHybrid」システム流用 | Spyder7(スパイダーセブン)

遊び尽くせるフォードのMPV...『トルネオ コネクト』初の電動化へ...VWゴルフ「eHybrid」システム流用

自動車 新車スクープ
フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード トルネオ コネクトPHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

フォードが販売する人気MPV、『トルネオ』に設定されるプラグインハイブリッドモデル市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。

トルネオ コネクトは、「トランジット コネクト」をベースに開発、現行型は2021年10月に発売された。同社にはミニバンの「MAX」シリーズがあるが、トルネオは、レジャーアクティビティに焦点を当てている。大容量の居住空間、荷室を持ち、自転車、サーフボード、キャンプ用品など、レジャーアイテムがざくざく詰めるのだ。

フォードとVWが新型モデルの共同開発に合意してから約2年が経過、そのパートナーシップの成果がここにある。昨年発表された、VW「Caddy」(キャディ)の自社バージョン「トルネオ コネクト」に、ついに初のプラグインハイブリッドバージョンが導入されることになる。

スウェーデンで捉えたプロトタイプは、VWと共有するボディパネルに専用のバンパー、グリル、ヘッドライト、ボンネット、フェンダーを装備。VWモデルでよく見られる、フロント左フェンダーには充電ポートが確認できる。しかし、後部を見ると「VW」エンブレムと「CADDY」のロゴを装着するなど奇妙な点が見られる。

市販型パワートレインは、VWゴルフなど他の多くのMQBベースのモデルに見られる「eHybrid」システムを流用する可能性がる。これは1.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンと電気モーターで構成される。システム合計の最高出力は218PS、最大トルクは350Nmを発揮し、EV航続は40マイル(60km)を誇る。そのほか、最高出力114psを発揮する1.5リットルガソリンエンジン、最高出力112psを発揮する2.0リットルディーゼルエンジンなどがラインアップされる。

トルネオ コネクトPHEVは、2022年内にデビューする予定となっている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top