新開発4点スリムDRL装備...ポルシェ パナメーラ次世代型、最新プロトタイプをスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

新開発4点スリムDRL装備...ポルシェ パナメーラ次世代型、最新プロトタイプをスクープ!

自動車 新車スクープ
ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ スクープ写真

ポルシェの4人乗りスポーツカー、『パナメーラ』次世代型と思われる最新プロトタイプをカメラが捉えた。

第2世代となる現行「971」型は、2016年にデビュー。2020年には大幅改良が執行されたものの、2022年2月現在で発売から既に6年が経過している。昨年は同社初の量産EVサルーン『タイカン』が大ヒット、パナメーラの倍以上を販売するなど、タイカンの成功がパナメーラの運命を左右するかもしれないと噂されていた。

約1年ほど前から開発車両が目撃されていたが、大幅改良を終えたばかりであり、変更点が少ないため、販売台数落ち込みによるテコ入れの改良、または「ターボGT」などの追加モデルと思われていた。しかし、最新プロトタイプのフロントエンドには、親開発のスリムな4点DRLを備えるヘッドライトを装備、Cピラーデザインを完全に隠している。側面では、新設計のドアハンドル、四角から円形に変更された燃料口が確認できるほか、後部では、ハッチバックも新設計されている様子がうかがえるなど、大掛かりなカモフラージュが見られることからも、この開発車両が次世代型プロトタイプである可能性が高いことがわかった。

パワートレインは不明だが、フルエレクトリック化されることはなく、3.0リットルV型6気筒ターボエンジンをはじめプラグインハイブリッドがラインアップされ、タイカンとの差別化が図られるだろう。

発売時期だが、初代は2009年に登場し、2016年に第2世代バトンタッチしている。7年のスパンを考慮すると第3世代は2023年に登場することになる。しかし、最新情報によると次世代型は2025年、満を持しての登場が噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top