トヨタ クラウンSUV、2023年夏に発売の噂...フルEVなど3つの電動パワートレインでグローバルモデルへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ クラウンSUV、2023年夏に発売の噂...フルEVなど3つの電動パワートレインでグローバルモデルへ!

自動車 新車スクープ
トヨタ クラン クロスオーバー予想CG
  • トヨタ クラン クロスオーバー予想CG
  • トヨタ クラン クロスオーバー予想CG
  • トヨタ クラン 現行型
  • トヨタ クラン 現行型
  • トヨタ クラン 現行型
  • トヨタ クラン 現行型
  • トヨタ クラン 現行型
  • トヨタ クラン 現行型

トヨタは主力モデル『クラウン』次期型を開発していると見られるが、新たに設定されるSUVが2023年夏に発売される可能性があることがわかった。

情報によると、ボディタイプはセダンのほか、クロスオーバーやSUVなどのハイライディング派生モデルが提供される。またこれらの派生モデルは日本市場だけでなく、中国や北米など海外市場にも導入、グローバルモデルへ進化するという。

またパワートレインは、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、そしてフルエレクトリックモデルの3つのパワートレインが提供される。ただしすべての市場がすべてのパワートレインを導入するわけではなく、ハイブリッドとEVは北米と中国市場に展開、プラグインハイブリッドは日本市場のみになる可能性があると予想される。

発売は、2023年にハイブリッドとプラグインハイブリッドが発売され、2024年にフルエレクトリックバージョンが投入される。グローバルモデルとなるクラウン・ハイライディングだが、SUVはフルサイズ・クロスオーバーSUV「セコイア」の上位に位置する高級モデルとなり、米国で廃止されたランドクルーザーの代替えとなる。

今回のエージェントからの情報では、クロスオーバーSUVのみに関してだが、Spyder7では、ワゴンに近いクロスオーバースタイルも予定されているという情報を入手している。そして現行モデル同様、後輪駆動TNGAプラットフォームを採用しながら、全モデルが4WDになる可能性もあるという(現行型では2.5リットルハイブリッドのみ)。

トヨタがクラウン次期型の派生ハイライディングモデルで、果たしてどんなサプライズを仕掛けてくるのか注目される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top