ランドローバー ディフェンダー、最大モデル「130」発売へ!全長5100mm | Spyder7(スパイダーセブン)

ランドローバー ディフェンダー、最大モデル「130」発売へ!全長5100mm

自動車 新車スクープ
ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディフェンダー130 プロトタイプ(スクープ写真)

ランドローバー『ディフェンダー』に新設定される第3のモデル、『ディフェンダー130』市販型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

現在ディフェンダーには、3ドア・ショートホイールベースの「ディフェンダー90」と5ドア・ロングホイールベースの「ディフェンダー110」がラインアップされており、「130」はフルサイズの3列シートを備えた第3のボディタイプとなる。

捉えたプロトタイプは追加モデルということもあり、比較的カモフラージュは軽い。一見してロングボディとわかるが、実はホイールベースは110と同じだという。110でもオプションにより3列目のシートを用意するが、大人が余裕を持って座るには、若干タイト感が否めない。そこで130ではリアオーバーハングを延長することで3列シートの十分な空間を確保。全長は110より13.4インチ(340mm)長い200.8インチ(5100mm)に達する。

プロトタイプのエクステリアを見てみると、ヘッドライト、バンパー、後部ではリフレクターの配置まで110のカーボンコピーのように見える。またデュアルエキゾーストパイプも同じ位置にあるが、生産仕様のコンポーネントではなさそうだ。

パワートレインは、最高出力300ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力400ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒+マイルドハイブリッドエンジンなどが110から流用されると思われるが、最高出力525ps、最大トルク846Nmを発揮する、5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンは現段階で確認されていない。

130のワールドプレミアだが、ジャガーランドローバーCFOであるエイドリアン・マーデル氏は昨年3月、130を今後18か月以内に発表すると語っていたことから、おそらく2022年8月までに行われる可能性が高い。

ランドローバー ディフェンダーに第3のボディ「130」登場へ…余裕ある3列シートSUVに

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top