顔が激変したフォード トランジット次期型、生産型ボディで初出現!フルEV設定で電動モデルを強化 | Spyder7(スパイダーセブン)

顔が激変したフォード トランジット次期型、生産型ボディで初出現!フルEV設定で電動モデルを強化

自動車 新車スクープ
フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真
  • フォード トランジット 次期型プロタイプ スクープ写真

フォードのフルサイズ商用バン、『トランジット カスタム』次期型プロトタイプを、「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

南ヨーロッパでキャッチしたプロトタイプは、これまでのテストミュールから一変、生産型ボディで出現した。足回りには6つのラグナットがあり、新しい土台を示唆している。またホイールベース(前車軸と後車軸の間)は現行モデルより長いように見える。

フロントエンドでは、より洗練されたシャープなヘッドライト、縦スリットのコーナーエアインテークを備えるアグレッシブなバンパーを装備、ヘッドライトはLEDストリップで接続されている可能性がありそうだ。またサイドミラーが現行型の角張ったデザインから、より楕円形に新設計されている様子もうかがえるなど、フロントビューが激変している。

従来のガソリン、ディーゼルモデルに加え、フルエレクトリック、及びプラグインハイブリッド(PHEV)のセカンドバージョンを提供。PHEVは性能がより強化されるという。フォードは2020年6月、VWとの提携を正式に締結しており、トランジット次期型はVW「トランスポーター」次世代型とプラットフォームを共有することになる。

トランジット次期型のワールドプレミアは2023年で、同年前半にはトルコ・コジェリで製造される予定だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top