レクサス新型SUV『TX』、トヨタ『グランドハイランダー』とともに2023年米国導入へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス新型SUV『TX』、トヨタ『グランドハイランダー』とともに2023年米国導入へ!

自動車 新車スクープ
トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション
  • トヨタ ハイランダー ブロンズエディション

レクサスが現在開発中と見られる新型クロスオーバーSUV『TX』が、同じく開発中のトヨタ「グランドハイランダー」とともに、2023年に米国市場に導入される可能性が高いことがわかった。

「TX350」、「TX500h」、「グランドハイランダー」の名称は2020年に米国特許庁に商標登録が出されており、詳細や、ワールドプレミアの時期が注目されていた。米Automotive Newsによると、ハイランダーをベースとするグランドハイランダーは、より大型化され3列7人乗りとなることが濃厚だという。

またTXは、そのグランドハイランダーをベースとして開発。「RX L」より大型で、ボディオンフレームの「GX」や「LX」より小さい3列7人乗りのクロスオーバーSUVになるという。

Spyder7の情報筋によると、どちらもインディアナ州のトヨタ工場で組み立てらられ、2023年にに発売されるという。両モデルが改良されたプラットフォームに乗るのか、現行のハイランダープラットフォームの単なる拡張バージョンに基づいているのかは不明だが、現行ハイランダーは2019年に導入されており、タイムリーとは言えない。

グランドハイランダーのパワートレインは、3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジン、TX500hには3.5リットルV型6気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドが予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top