400馬力のBMW『1シリーズ』が発売されるって本当!? 改良新型に「M140i」の名称復活か | Spyder7(スパイダーセブン)

400馬力のBMW『1シリーズ』が発売されるって本当!? 改良新型に「M140i」の名称復活か

自動車 新車スクープ
「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「M140i」復活か?BMW 1シリーズ 高性能モデルのプロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在エントリーモデル『1シリーズ』改良モデルの開発を進めているが、その高性能バージョンと思われるプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

初代1シリーズは2004年に登場、第3世代となる現行「F40型」は2019年から販売されている。4年目にしてこれが初の大幅改良となる。そして今回キャッチしたプロトタイプは、その改良1シリーズの高性能バージョンだ。

改良モデルとは思えぬヘビーカモフラージュをまとっており、ディティールは不明だ。しかし、ヘッドライトは現行モデルより丸みがあるように見える。側面に大きな変更はなさそうだが、後部ではLEDテールライトのグラフィックが刷新されている。ルーフスポイラーにはスプリットデザインを採用、大きくキックアップしており、かなりアグレッシブだ。またボディは若干ローダウンされ、強化ブレーキ、大径ホイールが装着されている。

そして注目はクワッドエキゾーストパイプを装備している点だろう。『X1』の「Mパフォーマンス」開発車両でも同様の姿が見られたが、このプロトタイプも高性能「M135i」である可能性が高い。そして最新情報によると、市販型には「M140i」の名称が与えられる可能性があるという。M140iは2019年のスペシャルモデルを最後に廃止されており、実現すれば3年ぶりの復活となる。

キャビン内では、最新のiDrive8インフォテインメントシステムを取得、カーブディスプレイを搭載するだろう。またギアセレクターは、コンパクトなトグルスイッチスタイルに変更される可能性が高い。

最後のM140iでは、3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力は340ps、最大トルク500Nmを誇ったが、この新型M140iではメルセデスAMG『A45』やアウディ『RS3』と戦うために400ps程度になると噂されている。

M135i/M140iの登場は、早くとも2023年以降と予想される。

ついにBMW 1シリーズ も400馬力の大台に!?「M140i」の名が復活か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top