フェラーリ史上初FUV『プロサングエ』、ついに市販型デザイン判明!従来のSUVとは差別化 | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリ史上初FUV『プロサングエ』、ついに市販型デザイン判明!従来のSUVとは差別化

自動車 新車スクープ
フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

フェラーリが現在開発を進める、ブランド史上初のFUV(フェラーリ・ユーティリティビークル)『プロガングエ』市販型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

キャッチした開発車両はこれまでで最もカモフラージュが軽く、最終デザインが露出してきている。ボディはそれほど高い最低地上高を持っておらず、いわゆるSUV的なイメージというよりはコンパクトハッチバックのようなシルエットだ。ランボルギーニ『ウルス』や、アストンマーティン『DBX』のようなスーパーSUVとは差別化されているようだ。

フロントエンドでは、バンパーコーナーにかなり大型のエアインテークを装備していることがわかる。公開されているティザーイメージでは見えなかったメッシュパターンの開口部、スリムなLEDデイタイムランニングライト、ヘッドライト上部のターンシグナルが初めて確認できるほか、左右ヘッドライトはスリムなインテークでつながることもわかっている。

側面では、リアフェンダーが上向きにカーブし、ボディに筋肉質な外観を与えているほか、ドア下部に沿ってボディは狭くなり、後部のフレア形状を際立出せている様子も伺える。またサイドシルにはクラッディングも確認できる。

後部では、傾斜した小さなリアウィンドウ、スポーティなルーフスポイラー、スリムなテールライト、最下部にはクワッドエキゾーストパイプがインストールされている。

注目のパワートレインだが、最高出力818ps、最大トルク740Nmを発揮する2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターを『296GTB』から流用することが予想されるほか、『SF90ストラダーレ』が搭載するV型8気筒ツインターボや、トップモデルには6.5リットル自然吸気V型12気筒エンジンの搭載も噂されている。

プロサングエのワールドプレミアは2022年内。デリバリーは2023年からと予定されている。

フェラーリのSUVは「FUV」と呼べ!『プロサングエ』市販型デザインあらわに

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top