話題のスプリットLEDはもう終わり!? 日本一早いBMW7シリーズ改良新型デザイン予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

話題のスプリットLEDはもう終わり!? 日本一早いBMW7シリーズ改良新型デザイン予想

自動車 新車スクープ
BMW 7シリーズ  改良新型 予想CG
  • BMW 7シリーズ  改良新型 予想CG
  • BMW 7シリーズ  改良新型 予想CG
  • BMW 7シリーズ  改良新型 予想CG
  • BMW 7シリーズ  新型
  • BMW 7シリーズ  新型
  • BMW 7シリーズ  新型
  • BMW 7シリーズ  新型

BMWは、フラッグシップセダン『7シリーズ』新型、及びフルエレクトリック『i7』を発表したばかりだが、その改良新型の予想CGを入手した。

第7世代7シリーズは4月20日に正式デビュー、EV「i7」ともども大型グリルと上下2段のスプリットLEDヘッドライトが話題となっている。順調に行けば2025年には改良新型がデビューするが、早くも改良モデルでは通常ヘッドライトデザインに戻される可能性もあるという。

お馴染みKOLESA.RUは改良新型に2つのデザインを提供してくれた。1つはスプリットヘッドライトはなくなり、かなりコンパクトになったグリルに、スリムなLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトが接続されている。垂直のコーナーエアインテークは保持されるが、ワイドエアインテークは滑らかになり、1990年代半ばに発売された「E38」シリーズからインスピレーションを得ていいるようだ。

もう1台もスプリットヘッドライトが削除され、前世代の進化バージョンのような印象を持っている。ヘッドライトとグリルは大きく、フロントエンドは角張っているのが特徴だ。

新型では、キャビン内には14.9インチのセンターディスプレイを備えた12.3インチのインフォテインメントディスプレイを配置、後部乗員向けには、ルーフから折りたたまれた32インチ「BMWシアタースクリーン」が装備され、Amazon「FireTV」などを楽しむことが可能だが、改良新型ではさらにエンターテイメント性が向上すると予想される。

第7世代7シリーズ改良新型は、順調に行けば2024年にはプロトタイプをも見ることができるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top