次期型を早くみたい...レンジローバースポーツ、激変するデザインをプレビュー! | Spyder7(スパイダーセブン)

次期型を早くみたい...レンジローバースポーツ、激変するデザインをプレビュー!

自動車 新車スクープ
ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 予想CG
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 予想CG
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 予想CG
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 予想CG
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 プロトタイプ スクープ写真

ランドローバーは、クロスオーバークーペSUV『レンジローバースポーツ』次期型のワールドプレミアが迫っているが、そのエクステリアデザインを大胆予想した。

レンジローバースポーツ次期型は2020年2月に初めてスクープ、以降2年以上が経過し、ついにワールドプレミアの準備が整った。同社では、RRスポーツのデビューについて「グローバルな公開において劇的なデビュー」が待っていると述べている。

予想CGを提供してくれたのは、同じみKOLESA.LUだ。そのフロントエンドには簡素化されたLEDデイタイムランニングライトとともに、スリムになったヘッドライトとグリルを備えている。バンパーインテークは、3分割デザインではなく、車幅に広げられていることがわかる。

側面では、ルーフは滑らかに下がるルーフエンド、ヴェラールスタイルのポップアップドアハンドルも確認できるほか、足回りには、スパイショットでみられたホイールを再現している。後部では、ダブルシャークフィンアンテナ、四角いデュアルエキゾーストパイプ、バンパーに取り付けられたナンバープレートホルダーもプロトタイプに忠実に制作されている。

市販型では、フルサイズバージョンを支える「MLA-Flex」プラットフォームのアップデートバージョンを採用、エンジンオプションは、マイルドハイブリッドの直列6気筒ガソリンエンジン、及びディーゼルユニットをラインアップする。またプラグインハイブリッドはBMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンが有力とされている。さらにレンジトッピングの「SVR」では、BMW「X5M」から4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを移植、電動化され、最高出力は615psを発揮、0-100km/h加速は4.0秒のパフォーマンスを発揮すると予想されている。

レンジローバースポーツ次期型のワールドプレミアは、5月10日とも噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top