BMW M3ハードコア「CS」設定へ...後部座席排除しM専用ヘッドライト装備か | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW M3ハードコア「CS」設定へ...後部座席排除しM専用ヘッドライト装備か

自動車 新車スクープ
隠されたリアシートはどうなっている? BMW M3 CS(仮)プロトタイプ
  • 隠されたリアシートはどうなっている? BMW M3 CS(仮)プロトタイプ
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS(仮)プロトタイプ(スクープ写真)

『M4クーペ』に続き、新型『M3セダン』にも超高性能モデルが登場する。BMWは現在、ハードコアモデル「CS」または「CSL」を開発中だ。そのプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

捉えたプロトタイプはフロントエンドをカモフラージュ、バンパーの外縁を包み込む分厚いフロントスポイラーなど、「M4 CSL」のコンポーネントが反映されている。また下部グリル開口部にスラットが追加されているほか、黄色いLEDデイタイムランニングライトを備えるM専用ヘッドライトも確認できる。

側面ではリアクォーターウィンドウに注目だ。内部を見せないようステッカーでカモフラージュしており、M4 CSL同様に後部座席が排除される可能性もありそうだ。後部は完全に露出、スプリットデザインのスポイラーを装備し、クワッドエキゾーストパイプが分厚いディフューザーから突き出ている。市販型ではカーボンパーツを多様することで軽量化が図られるはずだ。

3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンは最高出力540psまで強化され、「M3コンペティション」のスペックを凌駕する。xDriveシステムを介して4輪すべてに動力を供給する。

M3 CSのワールドプレミアは、最速で2022年内と伝えられるが、Spyder7の予想では、2023年春とみている。

BMW M3セダン なのにリアシートなし!? ハードコアな仕様で「CS」登場か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top