「ゲームを変える」...フェラーリ新開発V12エンジン発表!FUV『プロサングエ』搭載が濃厚に | Spyder7(スパイダーセブン)

「ゲームを変える」...フェラーリ新開発V12エンジン発表!FUV『プロサングエ』搭載が濃厚に

自動車 新車スクープ
フェラーリ 新開発V12エンジン
  • フェラーリ 新開発V12エンジン
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ ティザーイメージ
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真

フェラーリは、「ゲームを変える」と言うモデルに採用される、新開発のV型12気筒エンジンの開発を発表した。

同社公式Twitterで公開されたティザームービーに、「Heart Of A Throughbred」(サラブレッドの心臓)と言うメッセージを使用、イタリア語で「Purosangue」(プロサングエ)は、「サラブレッド」を意味することから、ほぼ確実に開発中のFUV「プロサングエ」を意味しているといっていいだろう。

公開された14秒の短いクリップでは、プロサングエ用である証拠はみられないが、V12エンジンのクローズアップ、ブロックの上に目立つように白い太字で「Ferrari」の文字が確認できる。

これまで同モデルのパワートレインは、最高出力818ps、最大トルク740Nmを発揮する2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターを『296GTB』から流用することが予想されるほか、『SF90ストラダーレ』が搭載するV型8気筒ツインターボなどが噂されていた。これらがラインアップされるかどうかは不明だが、待望のV型12気筒が提供されることになりそうだ。

「ゲームを変える」新型モデルのワールドプレミアは、最速で今夏と思われ、限定発売と予想されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top