6速MT採用...トヨタ スープラ 「A91エディション」は500台限定! | Spyder7(スパイダーセブン)

6速MT採用...トヨタ スープラ 「A91エディション」は500台限定!

自動車 ニューモデル
トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)

トヨタ自動車の米国部門は4月28日、トヨタ『GRスープラ』の2023年モデルに、「A91-MTエディション」(Toyota GR Supra A91-MT Edition)を500台限定で設定すると発表した。

◆シフト操作時に自動でブリッピングを行う「iMT」

GRスープラ A91-MTエディションは、トランスミッションに新開発の6速MTを採用する。この6速MTは、ファイナルレシオを3.15(8速ATは3.46)とし、スポーツカーのパフォーマンスに適したレスポンスとギアリングを実現しているという。

また、シフト操作に必要な力を最小限に抑えるために、シフトノブの重量は200gとした。さらに、人間工学に配慮し、シフトノブとコントロールパネルの間に約43mmのクリアランスが生まれるよう、レイアウトにもこだわったという。

さらに、この6速MTには、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作に合わせて、最適なエンジン回転数になるよう制御する「iMT」を導入した。シフト操作時に、自動でブリッピングを行う。

◆専用のコニャック色のレザーシート

A91-MTエディションは、GRスープラの米国発売記念限定車として、1500台が完売した「ローンチエディション」などに続くGRスープラの限定車だ。GRスープラの型式の「A90」に由来するネーミングとなる。A91-MTエディションでは、ボディカラーにマットホワイトとCUラターグレーの2色を用意している。

インテリアは、専用のコニャック色のレザーシート、GRのロゴ入りアルカンターラ製シフトノブ、12スピーカーのプレミアムJBLサウンドシステムを標準装備する。赤い「スープラ」エンブレムと赤いGRスープラのロゴ入りブレーキキャリパーも専用アイテムだ。専用の鍛造19インチフローズンガンメタルグレーホイールが足元を引き締める。ボンネットの下には、赤いタワーブレースが採用されている。

なお、トヨタは米国の3車種のGRモデルすべてに、MTをラインナップする。GRスープラをはじめ、『GR86』にオプション、『GRカローラ』に標準でMTを装備している。

◆最大出力382hpの3.0リットル直6ターボ搭載

3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、2023年モデルにも継続搭載する。最新版は、エキゾーストマニホールドのポートを2個から6個に増やしたデュアルブランチ構造とした。さらに、新設計のピストンの採用により、エンジンの圧縮比を11:1から10.2:1に変更している。このエンジンは、より高い回転数でより高いトルクを生み出し、タービンのような滑らかさで回転を維持するという。

米国仕様の場合、最大出力は382hp/5800~6500rpm、最大トルクは50.9kgm/1800~5000rpmを獲得する。0~96km/h加速は3.9秒の性能を発揮する。2023年モデルの3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン搭載車のトラクションコントロールやブレーキは、6速MT車用に最適化されている。

2023年モデルの全車が、ロールバランスと乗り心地を改善するために、サスペンションを再チューニングした。電動パワーステアリング部品も新設計され、作動システムも再チューニングを受けた。3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン搭載モデルには、アクティブリアスポーツディファレンシャルを標準装備している。

トヨタ スープラ に6速MT、「A91エディション」は500台限定…米2023年型に設定

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top