メルセデスAMG「GT」の名は永遠に...ハイエンドモデルは800馬力のPHEV | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスAMG「GT」の名は永遠に...ハイエンドモデルは800馬力のPHEV

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GT63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT53 市販型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスAMGは現在、高性能2ドアスポーツAMG『GTクーペ』次期型を開発しているが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

同社は昨年末、AMGブランドでSLロードスター新型を発表、2015年から2021年に製造されたAMG「GTロードスター」にとって変わった。とは言え、「GT」の名称はハードトップバージョンに受け継がれている。

今回はエントリーレベルの「53」と、上位モデル「63」のスクープに成功した。ニュルブルクリンク高速テストに向かうため、キャリーカーから降りる瞬間を捉えたのが「53」だ。次期型では、どちらもSLロードスターや「プロジェクトワン」ハイパーカーからいくつかのデザイン要素を取り入れているという。

2台のプロトタイプは同じカモフラージュをまとっているが、違いはGT53のルーフがイエローなのに対し、63は白いことだろう。両モデルとも巨大なブレーキキャリパーを備えたクロスドリルディスクが見てとれる。また後部では53が円形クワッドエキゾーストパイプなのに対し、63は四角いデザインが採用されている。

市販型では、そのプラットフォームをSL新型と共有しているが、メルセデスのデザインチーフであるゴードン・ワグナー氏は、SLでは快適で豪華なクルージングを楽しむためのモデルであり、GTクーペはよりスポーティなドライビングを堪能するために開発、2つのモデルを区別したと語っている。

AMG GTはロードスターのパワーソフトトップではなく、固定ルーフを使用しているため、SL新型より軽量になると思われる。またSLが4シーターになり実用性が高めれたが、GTでは2シーターを継承する可能性が高そうだ。

53のスパイショットでは、ダッシュボードがほんの少し見える画像があるが、そこには、丸くてレトロな通気孔が見える。

パワートレインは、SLと同様に2つの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンから供給され、SL55では最高出力469ps、SL63では577psを発揮するが、GT53では最高出力476ps、最大トルク699Nm、GT63では最高出力585ps、最大トルク799Nmを発揮、「4MATIC+」全輪駆動を組み合わせる。またGTブラックシリーズや、4ドア「GT 63S Eパフォーマンス」の800psを超える高性能PHEVの設定も噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top