大型化されるメルセデスベンツGLC次期型、超薄カモフラージュ姿をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

大型化されるメルセデスベンツGLC次期型、超薄カモフラージュ姿をスクープ!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは現在、主力クロスオーバーSUV『GLC』次期型を開発中だが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。GLCは、『GLK』に取って代わり2015年に初代が発売、2019年の大幅改良を経ていよいよ第2世代へバトンタッチされる。

メルセデスベンツのテスト基地で撮影された次期型プロトタイプはカモフラージュが軽く、ナンバープレートもまだ取り付けられていない。その姿からは、市販仕様とみられるパノラマサンルーフが確認できる。

また後輪に角度がついていることを見ると、最大角度が4.5度になると予想される4WS(四輪操舵システム、または後輪ステアリング)を搭載していることがわかる。

ボディサイドからは、サイドミラーがAピラーの根元からドア側へ移動していることが確認できる。またベルトラインは水平ではなく、後方へ向かい緩やかにキックアップしておりよりスポーティなスタイルに。さらにドアハンドルはドアパネルのかなり下に配置され、キャラクターラインが消滅したことでスッキリとしたサイドビューとなるようだ。

次期型では、『Cクラス』と共通するプラットフォームを採用。全長は4.72m(185.8インチ)に拡大され、ホイールベースは15mm(0.6インチ)延長される。これにより荷室要領を50リットル拡大、最大600リットルに達する。

キャビン内では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、傾斜したセンターコンソール上の縦型11.9インチのインフォテインメントタッチスクリーンなどCクラスと同様のデジタルコックピットを採用。最新のMBUXソフトウェアを統合する。

またパワートレインもCクラスゆずりで、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+マイルドハイブリッド、2.0リットル直列4気筒ディーゼル+マイルドハイブリッドなどのラインアップが予想される。パフォーマンスモデルAMG『GLC 63』ではV型8気筒ツインターボを廃止し、2.0リットル直列4気筒エンジンとリアマウントの電気モーターを備えた効率的なプラグインハイブリッドへ進化。最高出力は653psを超えると噂される。

GLC次期型のワールドプレミアは、最速で6月1日という情報も入っている。

メルセデスベンツの主力SUV『GLC』、新型発表は間近!? ボディはさらに大型化

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top