スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ | Spyder7(スパイダーセブン)

スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ

自動車 新車スクープ
スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ
  • スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ
  • スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ
  • スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ
  • スリムなヘッドライトなど新設計フロントマスクが露出!これがレンジローバースポーツ最強『SVR』次期型だ

ランドローバーが販売する、スポーツ・クロスオーバーSUV『レンジローバースポーツ』改良新型に設定される最強モデル『レンジローバースポーツSVR』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

SVRは、ランドローバーの「スペシャルビークルオペレーションズ」によって手がけられ、傑出したハンドリングとパワーにより、ラグジュアリーとパフォーマンを異次元へと引き上げ、スリリングなパフォーマンスを提供してくれるブランドだ。

そのナンバープレートから、ドバイで撮影されたものと思われるプロトタイプは、新設計されたスリスリムなヘッドライト、新メッシュパターンのグリルを装備。バンパー下部のスポーティなターンシグナル、ナンバープレートか交差する2つのブラックグリルなども確認することができる。

側面では、赤いキャリパーを備える大型ブレーキセットが見てとれるが、キャラクターラインがカモフラージュされている。後部では、スリムなLEDテールライトのアウトラインの一部が確認できるほか、クワッドエキゾーストパイプがインストールされいてる。またルーフには2つのシャークフィンアンテナが配置されている。

SVRの現行型パワートレインは、最高出力567psを発揮する5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載しているが、改良新型では、BMWから供給される4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンに置き換えられる予定で、最高出力は615ps程度まで向上するだろう。

レンジローバースポーツ改良新型のデビューは5月10日と予想されているが、SVRが同時公開されるかは不明だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top