ランボルギーニ ウルス次期型、フルエレクトリックで2028年にも登場か! | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ ウルス次期型、フルエレクトリックで2028年にも登場か!

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウルス テクニカ 開発車両 スクープ写真

ランボルギーニのクロスオーバーSUV、『ウルス』次期型がフルエレクトリックモデルとして登場する可能性が高いことがわかった。

初代となる現行型ウルスは2018年に登場、現在改良新型『ウルスEvo』(仮称)や、ハイパフォーマンスモデル『ウルス テクニカ』(仮称)を開発中と見られる中、次期型に関するニュースが入ってきた。

同社デザインボスのMitja Borkert(ミィティア・ボルケルト氏)は、メディアのインタビューにて、「遅かれ早かれウルスはEV化されます。しかし、法的な観点から可能な限り燃焼力を提供します」と語ったようだ。

2018年に誕生したウルスにとって、世代交代は2027年から2028年頃とみられており、ウルスが残るなら、そのタイミングでフルエレクトリックへの交代は当然と言えるだろう。

現在開発中のウルステクニカでは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力700psと予想されているが、改良新型のEvoでは、電動化計画の一環としてプラグインハイブリッドパワートレインを搭載していると噂されており、最高出力は820ps程度まで向上すると見られている。

フルエレクトリックのウルスが登場すれば、これらと同様以上のスペックを持つことは濃厚と言えるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top