突き出たスクリーンは本物!? アウディQ6 e-torn、市販型內部がチラリ! | Spyder7(スパイダーセブン)

突き出たスクリーンは本物!? アウディQ6 e-torn、市販型內部がチラリ!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)

アウディは現在、新型フルエレクトリック・クロスオーバーSUV『Q6 e-tron』を開発中だが、最新プロトタイプのインテリアをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

キャッチしたプロトタイプは、クローズド状態のサテンシルバーグリルを見ることはできない。しかしコーナーエアインテークの形状がわかるほか、2段式スプリットヘッドライトのデザイン、バンパー下部のワイドなエアインテークなどがはっきりと確認できる。

後部ではLEDテールライトの一部が露出、その間にはスリムなストリップライトが配置される可能性が高い。

インテリアはカバーで隠されている部分もあるが、ダッシュボードから突き出たスクリーンが見てとれる。『e-tron GT』や『Q4 e-tron』ではダッシュボード内にインフォテインメントスクリーンを備えており、差別化される可能性も否定できないが、厚いベゼルなどからも最終コンポーネントではないと思われる。またステアリングホイールの後ろには、進化したデジタルインストルメントクラスターが装備されている。

Q6 e-tronは「PPE」アーキテクチャを採用。次期アウディ『A6 e-tronセダン』および新世代のポルシェ『マカンEV』と共有する。ボディサイズはICE搭載の『Q5』に近いサイズとなるが、PPEが提供するスマートなパッケージングのおかげで、車内は1クラス上の『Q7』と同等レベルになると予想されている。

EVスペックは、シングルモーターとデュアルモーターバージョンを用意し、システム合計476psを発揮すると予想されている。さらに最高出力600ps、最大トルク830Nmを叩き出す最強モデル「Q6 e-tron RS」も噂されている。

Q6 e-tronの発売は2023年を予定しており、昨年4月に発売されたQ4 e-tronの上位モデルとして、また『e-tron』(Q8 e-tronへ車名変更の可能性あり)の下位モデルとして2022年内にはワールドプレミアが行われるだろう。

同社は2025年までに20台のEVを提供することを計画しており、Q6 e-tronはその1台となる。

アウディの新型EV『Q6 e-tron』のインテリアを激写!突き出たスクリーンは本物?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top