ルノーのミニバン『セニック』、次期型はEVに!燃料電池搭載で航続800km | Spyder7(スパイダーセブン)

ルノーのミニバン『セニック』、次期型はEVに!燃料電池搭載で航続800km

自動車 ニューモデル
ルノー・セニック・ビジョン
  • ルノー・セニック・ビジョン
  • ルノー・セニック・ビジョン
  • ルノー・セニック・ビジョン
  • ルノー・セニック現行
  • ルノー・セニック現行
  • ルノー・セニック現行

ルノーは5月19日、コンセプトカーの『セニック・ビジョン』(Renault Scenic Vision)を欧州で発表した。2024年に発表予定の次世代EVのプレビューモデルで、ルノーのMPV『セニック』の次期型を示唆している。

セニック・ビジョンはCセグメントに属しており、ルノー日産三菱アライアンスの「CMF-EV」プラットフォームを使用する。モーターは最大出力218hpを発生し、バッテリーは蓄電容量40kWhとした。

セニック・ビジョンには、出力15kWの燃料電池も搭載する。長時間のドライブでは、燃料電池が発電を行うことでバッテリーを充電し、航続を延ばすことができる。2030年以降、水素ステーションのネットワークが拡大すると、最大800kmの航続が可能になり、水素タンクは5分以内に補充できるようになる、としている。

ルノーのミニバン、『セニック』次期型はEVに…燃料電池搭載で航続800km

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top