BMW X6改良新型、「J」字型エアカーテンでアグレッシブに!デザイン露わにニュル爆走 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW X6改良新型、「J」字型エアカーテンでアグレッシブに!デザイン露わにニュル爆走

自動車 新車スクープ
BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X6 改良新型プロトタイプ スクープ写真

BMWが現在開発中のミドルクラス・クロスオーバークーペSUV、『X6』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクで高速テスト中を捉えた開発車両は、ボディにラッピングがほどこされているものの、フロント&リアデザインの多くが露出、わずかに広げられたキドニーグリル、新LEDデイタイムランニングライトを備えるスリムなヘッドライト、角度のあるスラットを持つ中央エアインテークを装備。エッジの効いたインテークや「J」字型のエアカーテンを装備したアグレッシブなフロントエンドが期待出来そうだ。

後部では、ディフューザーやデュアルエキゾーストシステムが新設計されている以外に大きな変更は見られないが、最終的にLEDテールライトのグラフィックやバンパーが修正される可能性が高い。

キャビン内では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、14.9インチのインフォテインメントシステムで構成される新しいカーブドディスプレイを採用、新スクリーンに加えてミニマリストのギアシフターも装備する。

パワートレインは、最高出力265psを発揮する3.0リットルV型6気筒ディーゼルターボエンジンをはじめ、最高出力530ps、最大トルク750Nmを発揮する強力な4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンなどがキャリオーバーされる見込みだが、パフォーマンスの向上があるかもしれない。さらに「X5 xDrive 45e」と同様のプラグインハイブリッドが追加設定される可能性があるほか、「iX5ハイドロゲン」をベースとした水素燃料電池のバリエーションも噂されている。

X6改良新型のワールドプレミアは2022年末と予想、2023年初めから生産が開始される予定となっている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top