20世紀を代表するシトロエン『2CV』がEVで復活!? 現代版を大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

20世紀を代表するシトロエン『2CV』がEVで復活!? 現代版を大予想

自動車 新車スクープ
シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG
  • シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG

シトロエンの名車『2CV』が復活する可能性があるという噂を入手、その予想CGを公開しよう。

2CVは、1949年から1990年まで販売されたシトロエンの人気モデルで、1996年には20世紀を代表する車「カー・オブ・ザ・センチュリー」においてベスト26にも入った名車だ。

近年、VW ID.Buzzをはじめ、フィアット500、ホンダeなど、レトロモデルにインスパイアされたEVモデルが普及しているが、2CVもミニマリストデザインのフルエレクトリックモデルとして復活する可能性があるという。

デザイナーのDejan Hristov氏に協力を得た予想CGは、丸みを帯びたルールラインの形状、際立つフェンダー、特徴的なボンネットなどオリジナル2CVの象徴的シルエットを維持している様子がうかがえる。一方、コンパクトなLEDヘッドライト、ミニマリストグリル、デジタルミラーなどエレクトリックモデルの現代デザイン要素を持ち合わせている。

足回りには大径のタービンスタイルホイールを装備、最低地上高は若干上げられクロルオーバーテイストが伺えるほか、プラスチック製のクラッディングはバンパーとサイドシルの下部のみに使用、見た目を上品に保っている。

かつての2CV内部では、手動ワイパー、エアコンの欠如などがみられたが、現代版では、インフォテインメントタッチスクリーン、温度調節、電動ウィンドウ、オーディオシステムなど必要設備はフル装備されるはずだ。

果たして新たなレトロEVは誕生するのか、注目される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top