今夏デビューか...トヨタのコンパクトミニバン、『シエンタ』次期型、「E-Four」で走りも強化! | Spyder7(スパイダーセブン)

今夏デビューか...トヨタのコンパクトミニバン、『シエンタ』次期型、「E-Four」で走りも強化!

自動車 新車スクープ
トヨタ シエンタ次期型 予想CG
  • トヨタ シエンタ次期型 予想CG
  • トヨタ シエンタ次期型 予想CG
  • トヨタ シエンタ 現行型

トヨタは現在、コンパクトミニバン『シエンタ』次期型を開発中だが、そのデビューが最速で2022年7月であることがわかった。

現行モデルとなるシエンタ第2世代は、2015年に発売。それまで主流だったハコ型デザインを脱却、「Active & Fun」を掲げ、躍動感あるデザインでホンダ『フリード』に対抗し、販売上位をキープし続けてきた。

2019年8月にはミニバンとして史上初めて新車販売台数月間1位を獲得、同年、日産『セレナ』、トヨタ『ヴォクシー』を抜いて3列シートのシェアNO1を獲得した大人気モデルだが、発売から7年が経過、次期型の登場に注目が集まっている。

次期型では「TNGA」プラットフォームを採用、ボディ剛性が強化される。またホイールベースが20mm程度延長され、居住空間の向上が図られるだろう。

グレードはFFガソリンモデルに「X」「G」「Z」をラインアップ、1.5リットル直列3気筒「ダイナミックフォース」エンジンが搭載される。またハイブリッドには1.5リットル直列3気筒「ダイナミックフォース」+電気モーターを搭載、「HYBRID X」「HYBRID G」「HYBRID Z」のすべてにFFとE-Fourを設定、E-Fourではより力強い走りを実現するはずだ。現行型ハイブリッドの燃費はWLTCモードで22.8km/リットルだが、次期型では、30km/リットルに迫る可能性もあるという。

シエンタ次期型のワールドプレミアは、当初2021年と予想されていたが、新型コロナの影響などで延期、いよいよ2022年7月から8月のデビューが期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top