LEDマトリクス「IQ.LIGHT」搭載!VWこれがプレミアムピックアップ『アマロック』次期型だ | Spyder7(スパイダーセブン)

LEDマトリクス「IQ.LIGHT」搭載!VWこれがプレミアムピックアップ『アマロック』次期型だ

自動車 新車スクープ
VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ

VWは現在、ピックアップトラック『アマロック』次期型を開発中だが、その最新ティザーイメージが公式リリースされた。

2010年に発売されたアマロックは、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しデビュー、2016年にはディーゼルエンジンを刷新、新開発の3.0リットルV型6気筒エンジンが設定されており、これが12年ぶりのフルモデルチェンジとなる。姉妹モデルであるフォード「レンジャー」は2021年11月、第4世代となる新型を発表、それに伴うかたちでのデビューとなりそうだ。

今回公開された画像では、暗闇に浮かぶプロトタイプがLEDデイタイムランニングライトを煌々と光らせており、同社のマトリクス「IQ.Light」テクノロジーが搭載されていると思われる。VWが「プレミアムピックアップ」と呼ぶアムロック次期型は、すべてのグレードにLEDヘッドライトが標準装備されるが、他VWモデル同様に、高価なIQ.Light技術によりさらに進化を見せる。

マトリクスIQ.Lightは、無数のLEDを搭載、フロントカメラにより対向車、街路灯、信号機などを認識し、アジャストした配光を提供する最先端ヘッドライトシステムで、ハイビーム&ロービームも自動切り替えしてくれる。

また30を超えるADAS、10方向に調整可能なオートシート、デジタルインストルメントクラスター、専用サウンド・システムなどを搭載、ほとんどの機能をフォートレンジャーと共有すると思われる。

パワートレインは、2.0直列4気筒、3.0リットルV型6気筒エンジンを提供、後輪駆動とAWDが設定される。ラインアップは、エントリーレベルの「アムロック」、ミッドレンジの「ライフ」、「スタイル」、オフロードに焦点を当てた「パンアメリカーナ」、ロードに焦点を当てた「アベンチュラ」などのラインアップが予想されている。

アマロック次期型のワールドプレミアは2022年末で、市販型は4ドアデュアルキャブと2ドアシングルキャブのボディスタイルが発売される予定だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top