【ティザー動画】VWプレミアムピックアップ『アマロック』次期型、「V6」バッジ見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

【ティザー動画】VWプレミアムピックアップ『アマロック』次期型、「V6」バッジ見えた!

自動車 新車スクープ
VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ
  • VW アムロック 次期型 ティザーイメージ

VWが現在開発中のピックアップトラック『アマロック』次期型の最新ティザーイムービーが公式リリースされた。

2010年に発売されたアマロックは、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しデビュー、2016年にはディーゼルエンジンを刷新、新開発の3.0リットルV型6気筒エンジンが設定されており、これが12年ぶりのフルモデルチェンジとなる。姉妹モデルであるフォード「レンジャー」は2021年11月、第4世代となる新型を発表、それに伴うかたちでのデビューとなりそうだ。

アマロック次期型のティザーキャンペーンは2020年3月のスケッチからスタート、最新ティザーでは、後部を公開する短いクリップが公開された。Twitterに投稿されたビデオでは、アマロック次期型が「V6」エンジンを搭載することを正式に確認、ただし、この6気筒がVW TDIになるのか、それともフォード「レンジャー」2023からの移植になるのかまだ確認されていない。そのほか、VWのロゴ、「AMAROK」の刻印、そして縦基調のLEDテールライトも公開された。

市販型では、フォードのT6プラットフォームに移行、新しいAmarokは、現行モデルよりも100 mm(3.93インチ)長く、40 mm(1.57インチ)以上広くなる。積載量は2,645ポンド(1,200キログラム)に増加し、牽引能力は7,716ポンド(3,500 kg)とされている。

またベース、ライフ、スタイル、パンアメリカーナ、アベンチュラの5つのトリムレベルを提供、ホイールのサイズはバリエーションによって異なり、17~21インチの範囲となる。キャビン内のインフォテインメントシステムは、フォードのSYNC4システムで動作し、8インチのデジタルドライバーのディスプレイと組み合わせて、10.1インチと12インチのサイズが搭載される。

アマロック次期型のワールドプレミアは、2022年7月7日に予定されているが、数週間以内に別のティーザーがリリースされる可能性も高いだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top