アキュラ新型レーサー『ARX-06』を予告!ル・マン24時間で実車公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

アキュラ新型レーサー『ARX-06』を予告!ル・マン24時間で実車公開へ

自動車 新車スクープ
アキュラ ARX-06
  • アキュラ ARX-06
  • アキュラ ARX-06
  • アキュラ ARX-05

ホンダが展開する高級ブランド「アキュラ」は、2023年からIMSAウェザーテックスポーツカー選手権の、ハイブリッドGTPカテゴリーに参戦する「ARX-06」のティザーイメージを初公開した。

ARXの車名は「Acura Racing Experimental」の略で、アキュラが設立してわずか5年後の1991年に初めて「ARX-01」として登場した。この最新モデルでは、その第6世代を意味する「06」が名付けられており、2023年の新規定「LMDh」を核とするトップカテゴリーGTPクラスへ参戦する。

ティザーイメージでは、背景と同じようなカモフラージュでディテールを隠しているが、フロントには開口部にフィードする巨大なスプリッターを装備、外側のフロントバンパーには巨大なカナードも確認できる。

アキュラのエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターであるデイブ・マレックは氏は、「アキュラARX-06のエクステリアデザインを作成する際に使用したプロセスは、新しいアキュラ乗用車を作成する方法とまったく同じです」と語り、「アキュラのプロダクションカーデザインを率いる同じ世界クラスのスタイリストが最初のスケッチを作成し、次にそれらをいくつかの潜在的なデザインに絞り込みました。」と付け加えている。

さらには、「非常に重要なアキュラのスタイリングの手がかりを維持しながら、パフォーマンスの目標を達成する最終的な処理を思い付くまで、設計はテストと評価のプロセス全体を通して洗練され続け、それはエキサイティングなプロセスでした。」と締めくくっている。

2023年にはハイブリッドシステムを搭載し、LMDh車両による参戦を開始する予定だが、ル・マン24時間レースの最高峰「ハイパーカー」クラスへの参戦が注目される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top