ポルシェ911にロックオン!メルセデスAMG GT次期型、2.0リットル直4も設定か | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ911にロックオン!メルセデスAMG GT次期型、2.0リットル直4も設定か

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GT クーペ次期型 プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツの高性能ブランドAMGは現在、フラッグシップ2ドアクーペ『GTクーペ』次期型を開発中だが、その最新プロドライブがニュルブルクリンク・ノルドシェライフェに出現した。

初代である現行型GTクーペは、SLS後継モデルとして2014年に導入、いよいよ2代目へ世代交代される。ニュルで捉えたプロトタイプは、まだまだカモフラージュが厳重だが、後部が若干軽くなっており、進化したヘッドライト、流麗なルーフライン、ロングノーズのシルエットが見てとれる。

足回りには巨大なブレーキキャリパーを備えたクロスドリルディスクを備え、後部にはSLよりスリムなLEDテールライトの一部も確認できる。AMG GTはロードスターのパワーソフトトップではなく、固定ルーフを使用しているため、同時に開発されたSL新型より軽量になると思われ、4シーターになり実用性が高められSLに対し、GTでは2シーターを継承する可能性が高そうだ。

キャビン内は、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、縦型11.9インチのインフォテインメントシステムをとう搭載、傾斜を12度から32度に調整できるなど、SLのレイアウトに似たものが予想される。

パワートレインは、SLと同様に2つの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンから供給され、SL55では最高出力469ps、SL63では577psを発揮するが、GT53では最高出力476ps、最大トルク699Nm、GT63では最高出力585ps、最大トルク800Nmを発揮すると見られる。だが厳しい排出規制により、2.0リットル直列4気筒がラインアップされる可能性もあるといい、それぞれ9速オートマチックトランスミッションと、AMG Performance4MATIC+全輪駆動システムを搭載するはずだ。

また頂点には「SL63 Eパフォーマンス」を配置、最高出力は843ps、最大トルク1400Nmを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンに電気モーターが組み合わされることになりそうだ。

GTクーペ次期型のワールドプレミアは、今年後半あるいは2023年前半とみられ、市場ではポルシェ911と対峙することになる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top