三菱『ASX』(日本名RVRに相当)次期型、エンジン仕様が明らかに!PHEVは160馬力 | Spyder7(スパイダーセブン)

三菱『ASX』(日本名RVRに相当)次期型、エンジン仕様が明らかに!PHEVは160馬力

自動車 新車スクープ
三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ
  • 三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ
  • 三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ
  • 三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ
  • 三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ
  • 三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ
  • 三菱自動車 ASX 次期型 ティザーイメージ

三菱自動車は現在、クロスオーバーSUV『ASX』(日本名:「RVR」に相当)のティザーイメージを公開するとともに、そのエンジンスペックも明らかになった。

3代目となる現行型RVRは2010年に日本で発売、欧州をはじめ南米諸国、オーストラリア、ジャマイカ、中国、台湾、ロシア、ブラジルへは「ASX」として、米国では「アウトランダースポーツ」として販売されるグローバルモデルとなっている。

今回リリースされたティザーイメージでは、「ASX」のバッジを備えるリアエンドが確認できるほか、中央には「MITSUBISHI」のロゴを配置、使い勝手が向上したテールゲート開口部などが見てとれる。

次期型では、ルノー・日産・三菱アライアンスに基づき、日産自動車とルノーが共同開発した「CMF」プラットフォームを採用、エントリーモデルのパワートレインには、ルノーやダチアから流用される1.0リットル直列3気筒TCeエンジンを搭載、6速MTのみに接続され最高出力91psを発揮する。そのほか、最高出力140psを発揮する1.3リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力158psを発揮する1.3リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力145psを発揮する1.6リットル直列4気筒自然吸気エンジン+電気モーターのハイブリッドが予想されるが、頂点には、1.6リットル直列4気筒エンジン+シングルモーターを搭載するプラグインハイブリッドで、最高出力は160psに達すると思われる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top