最後のガソリンM車として歴史に残るモデルに...BMW M2新型、M4からエンジン&ブレーキを継承 | Spyder7(スパイダーセブン)

最後のガソリンM車として歴史に残るモデルに...BMW M2新型、M4からエンジン&ブレーキを継承

自動車 新車スクープ
BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ
  • BMW M2 新型 ティザーイメージ

BMWは現在2ドアスポーツカー『M2』新型を開発中だが、その最新プロトタイプが公式リークされた。

電動化される前、最後のガソリンM車となるM2新型のカウントダウンがはじまった。BMWは、「M2 G87は、最後のICEのみのモデルとして、歴史に名を残すでしょう」と語っている。

M2市販型は、6速マニュアルトランスミッション、または8速ステップトロニックオートマチックギアボックスを組み合わせ、後輪駆動レイアウトのみを備える最小のMモデルとなる。

そのパワートレインは、『M4』から「S58」エンジンを流用、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンをデチューンし、最高出力は410ps~420ps、「M2コンペティション」では450ps~470psを発揮すると予想されている。また2新型は先代M2 CSとほぼ同じレベルのパフォーマンスを提供するの述べており、M4からブレーキシステムを継承するほか、フロントのカーボンファイバールーフで重量を軽減、オプションではフロントのカーボンファイバーバケットシートが設定される。

キャビン内では、「iDrive8」を搭載したすべてのBMWと同じ巨大な湾曲したデュアルスクリーンのダッシュボードディスプレイを搭載するだろう。

足回りでは、M4と同じアダプティブダンパーと、275/35/19フロントタイヤと、285/30/20リアタイヤを装備することが新たにわかった。またベースモデルと比較して、フロントとリアのトラックは2.1インチ(5.3センチメートル)広くなっており、カラフルなMのカラーリングが削除されると、M240iよりもかなりアグレッシブなディテールがお目見えするはずだ。

M2新型は2023年4月に発売される予定で、最速で2022年10月のワールドプレミアが噂されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top